生命保険の重要性

私たちは日々の生活の中で、様々な不安や悩みに突き当たり、その度に問題と向き合い、解決に向かって試行錯誤して行きます。
しかし、自分に降り掛かるかもしれない病気や事故、入院、または大切な人の死亡などを常に考えながら生活している人は少ないと思います。
当然、そんな事は考えたくもないですし、特に若い方であれば、想像もつかない事だと思います。
しかし、いかに健康で元気に生活していても、生命の危険は常に、私たちのすぐそばに潜んでいます。
そしてそのような生命の危険は、大概の場合は誰にも予想する事が出来ず、突然訪れるものです。
では、どのような対策をしておく必要があるのでしょうか。

そこで挙げられるのが生命保険です。
数ある保険の中でも、日本人の加入率が最も高いのが、この生命保険であると言えます。
生命保険とは、病気やけがによる入院、死亡などの予期せぬ災いが起きてしまった場合の経済的損失に備えた保険です。
安心して充実した生活を送って行くには、病気やけが、死亡などの身のまわりのリスクをできるだけ回避すること(リスクコントロール)、それと同時に、万が一リスクに直面した時の経済的損失に備えること(リスクファイナンス)が重要になります。
生命保険はリスクファイナンスの代表的な手段であると言えます。
自ら行う貯蓄は、リスクファイナンスとしては一番手軽な手段ではありますが、実際にリスクに直面してしまった時に対応できるだけの資金を誰もが有しているとは限りません。
これに対して、生命保険の場合は、契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、約束された保障額を受け取ることができます。
そのため、生命保険は、万人向けの効果的なリスクファイナンスであると言えます。

突然の不幸という事は、誰もが考えたくない事柄ですし、その事を前提に保険料を支払い続ける事に抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、自分がリスクと直面した時に、経済的負担を背負うのは残された家族なども同じです。大切な人を経済的損失から守る為にも、生命保険は重要な役割を果たします。
自分に合った生命保険を探そう!
たくさんある生命保険から自分に合ったものを探します。
この記事をシェアする
お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加
検索